【放射線を見てみよう!~エネルギー講座inいわき~】

10月16日(月)、いわき市内町民交流施設ふたぱーくにて、公益財団法人日本化学技術振興財団の方を講師に迎え、エネルギー講座が開催されました。

「エネルギーってなんだろう」というテーマからスタート。

レバーを回わすと発電されて、発光ダイオードが光る。
これがエネルギー(他の物体に対して仕事をする能力)。

「放射線てなんだろう」

放射性物質もエネルギーを持っていて、それが科学技術として、私たちの日常生活でも使われているそうです。

IMG_5883

放射性物質のエネルギーで強化されたプラスチックの強度を試す実験

「放射線は、私たちの生活物資の生成過程にも活用されていて、自然界にもあるもの。
放射線が“あるかないか”ではなく“どのくらいあるのか”が問題」とのこと。

IMG_5885

霧箱という装置を使って、放射線を見る実験が行われました。
アルコールで湿らせた箱の中に雲を作ることで、その雲を切って飛んでいく放射線の通り道を見ることができました。

 

「おー出てる!」

普段目には見えない放射線ですが、実際に見てみるとそのイメージがわきやすく、
“ベクレル” “シーベルト”などの言葉についても理解ができました。

その後、放射線が体に与える影響なども聞くことができ、
「放射線を知って、正しく怖がること」が大切であると知ることができました。

IMG_5879

(取材:ふたさぽ 芳門)

カテゴリー: コミュニティ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中