【ありがとうメッセージPick Up】何もない状況を救ってくれた多くの支援物資に感謝

全エピソードの中から毎週Pick Upしてご紹介します。
今週は#028 稲本清孝さんのエピソード
▶https://youtu.be/uqsU-xiTuJM

震災時、突然の避難指示に大半の双葉町民が着の身着のまま避難をしたと言います。稲本清孝さんもその一人でした。「体ひとつで避難したから、とにかく何もなかった。」

そんな状況を救ってくれたのは、全国から送られた支援物資。稲本さんは双葉町を出た後、何ヵ所かを転々としますが、会津若松市の避難所で初めて支援物資を頂いたと言っています。何もなかった稲本さん。「本当にありがたかった」と感謝を述べています。「どこの誰かもわからないけど、物資を送って頂いた方に感謝の気持ちが伝われば」と話す稲本さんのありがとうメッセージです。ぜひご覧ください。

また、震災から7年が経過し未だ全町避難が続いている双葉町の現状、町の取り組みが分かる動画もあわせて配信中です。
ぜひご覧いただき、震災や原発事故について振り返る時間を共有できれば幸いです。
▶https://youtu.be/77P5Vl0rj2k

▼お問い合せはこちら▼
双葉町復興支援員(ふたさぽ)
〒974-8212 いわき市東田町2-17-4 ヤマギワビル2-A
☎ ①080-2847-0073(西元) ②080-2847-0074(小松)

カテゴリー: ありがとうメッセージ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中