県民スポーツ大会in南相馬〜双葉町チームの団結力〜

9月4日、南相馬市で3年ぶりとなる福島県総合体育大会県民スポーツ大会 相双地域大会が開催され、双葉町からは9人制バレーボール、壮年ソフトボールの2競技に出場しました。

まずは、9人制バレーボール。初戦の対戦相手は南相馬市チームです。青色のユニフォームに身を包んだ双葉町チームの選手の皆さんは、まず1点目を先取。その後9番山本選手のスパイクで勢いをつけるも、相手チームに逆転を許しました。

2回戦は広野町チームとの対戦。緑色のユニフォームに着替え、気持ちを切り替えた選手の皆さん。試合開始直後から相手チームに逆転を許すことなく、着実に得点を重ねて行きました。

結果は準優勝!全員で声を掛け合い、相手チームを圧倒するチームプレーが印象的でした。

菊池直子監督は「今日の試合はそこそこです。実力があるのにもったいないミスが続き、準優勝という結果になりましたが、みんなよく頑張ってくれました!」と話しました。

続いて、壮年ソフトボール。初戦の対戦相手は南相馬市チームです。1回表で南相馬市チームに先制点を許すも、裏で猛攻!野球場内に快音を響き渡らせ5点を返します。しかし、2回表で南相馬市チームの打線を抑え切れず逆転を許し、惜しくも敗れました。 続く富岡町との2回戦も残念ながら勝利を収めることはできませんでしたが、チーム持ち前の明るさで「ドンマイ!」「いいよー!」など終始声を掛け合いながら、粘り強く最後まで戦い抜きました。

結果は惜しくも3位となりましたが、選手の皆さんのチームワークの良さを感じる試合となりました。

木幡和清監督は「できる限りのことはできたかなと思います。ただ今日は都合が合わずに参加できない若い選手が多かったので、来年以降にまた期待したいです」と話しました。

今回双葉町から参加した2チームとも避難先での生活が続く中、震災前のような練習ができない状況にありますが、他地域に負けない団結力を発揮しています。今後大会が開催された際には皆さんも一度足を運んで、ぜひ双葉町チームにエールを送ってください。

双葉町復興支援員(ふたさぽ) 前林

カテゴリー: コミュニティ タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中