遠く離れていてもその場で交流!? リモートタブレット交流会

10月13日、福島市のアクティブシニアセンター・アオウゼを会場にタブレット交流会が行われました。
この日は東京都千代田区のリファレンス新有楽町ビルでも同様にタブレット交流会が開かれており、両会場をオンラインで繋いだリモート交流会が開催されました。

交流会は参加者の自己紹介からスタート。
両会場のモニターには相手会場の様子が映し出され、この日参加した7人はそれぞれ名前と出身地区、また自身の近況等を話しました。中には画面越しに久しぶりの再会を喜び合い、会話を弾ませる場面も。

自己紹介が終わると両会場一緒にタブレットの操作や活用方法について学んでいきます。
タブレットに入っている防災アプリで全国の天気を見ながら「(このあと天気が心配で)雨雲レーダー確認したけど、今日はもう雨降らないみたい。帰りも安心だね!」 「タブレットだとケータイで見るより画面が大きくて見やすい。今度からこっちを使おう」と、皆さんすぐにタブレットの操作に慣れた様子でした。

交流会後半はカメラアプリの使い方について。説明を受けたらすぐに実践です。終始和気あいあいとした雰囲気の中「そのままそのまま、こっち向いて〜」「上手に撮れたね〜」と声を掛け合い、お互いの写真撮影もバッチリ上手な皆さんでした。
最後に両会場の参加者全員が画面越しに記念撮影を行いこの日の交流会は終了。

タブレット交流会は毎月各地で開かれており、今回のように離れた会場同士をオンラインでつなぐリモート交流会も定期的に開催しています。開催日時等の詳細についてはタブレットのふたばアプリ、または双葉町の公式ホームページでご確認いただけます。ぜひお近くの会場に足を運んでみてはいかがでしょうか。
※現在は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、事前予約制となっています。

双葉町復興支援員(ふたさぽ)木幡

カテゴリー: コミュニティ タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中