【9月のYouTube公開情報】

[ニュースふたば2016年9月15日号]
9月15日に、ニュースふたば最新号をYouTube双葉町公式チャンネルで配信いたしました
▶https://youtu.be/BZ13daiSpJg

特集は、8月に開催された各地の夏祭りです。画面の中に、懐かしい顔が映り込んでいるかもしれません!ぜひ楽しみながらご覧ください。このほか、町からのお知らせでは「双葉町復興町民委員会」の取り組みを、こみゅにてぃーふたばでは、間寛平さんがいわき市南台応急仮設住宅を訪れた時の様子などをお伝えしております。

[双葉町空からの記録]
双葉町内を空中撮影した動画をYouTube双葉町公式チャンネルで公開いたしました
▶https://youtu.be/_2JxzSyme9w

現在の双葉町の様子や、今後進む復興の様子を、定期的に記録・発信しようと考え、8月から撮影を開始しました。
《今回の撮影ポイント(平成28年8月26日撮影)》
・復興インターチェンジ建設予定地
・越田遊園地上空
・町西上空
・町民グラウンド上空
・双葉海水浴場(郡山海岸)

上記2つの動画につきましては、今後も月一回、定期的に配信していく予定です
ぜひご覧ください
また、皆様からのご意見・ご要望などもお待ちしております

<お問い合わせ先>
双葉町秘書広報課 TEL.0246-84-5202
ふたさぽ映像制作チーム TEL.080-2839-9345

カテゴリー: コミュニティ | コメントをどうぞ

【やっぱり双葉はいいなぁ~町民交流会in栃木~】

9月4日(日)、栃木県宇都宮市内で16名の町民が参加し、町民交流会が開催されました。

今回は栃木県内在住のみなさんが中心でしたが、埼玉県や群馬県からも4名の参加があり、久しぶりの再会の場面がありました。
懐かしい顔を見つけると、お互い手を取り合ったり、握手をしたりと再会を喜びました。

imgp6011

参加者代表の乾杯の音頭で交流会が始まり、参加者それぞれが居住地や近況など、簡単に自己紹介した後、おしゃべりの時間です。
これまであまり会えなかったため、その時間を埋めるかのようにおしゃべりが続きました。

町民同士の交流機会が多くない栃木県内にお住いのみなさんは、今回の交流会を楽しみにしていたようです。始めは決まった席についていましたが、時間が経つにつれ、席の移動が始まり、できるだけたくさんの人と話したいという想いが伝わってきました。

お話を伺うと
「脚の調子が悪いので、ふだんなかなか外に出られない。今日は楽しみにしていた。」
「町民同士なら気を使わないで話ができるので、楽しい。
などの声が聞かれました。

3時間と比較的に余裕のある時間設定でしたが、まだまだみなさんはしゃべり足りない様子でした。やっぱり楽しい時間はすぐに過ぎてしまいますね。

今回初めて栃木県内で町民交流会が行われたこと、また参加者から現在住んでいる地域での活動紹介と参加のお誘いもありましたので、今後、今回の参加者同士で顔を合わせる機会が増えるのではないかと感じました。

みなさん、お疲れ様でした!
次回は大望年会でお会いしましょう!

《大望年会in関東のお知らせ》

日時:12月4日(日)~12月5日(月) 1泊2日
(受付:15:00~、交流会:18:00~21:00)
場所:きぬ川ホテル三日月(鬼怒川温泉)
※詳細については、広報ふたば9月号(16,17ページ)をご参照ください。

(取材:ふたさぽ 飯嶋、秋元、芳門、小幡)

カテゴリー: コミュニティ | コメントをどうぞ

展覧会に向けて!パッチワーク~さくら手芸教室~

9月7日(水)、福島市にあるさくら仮設にて手芸教室が開催されました。

月に2回、みなさんで集まってパッチワークをするこの教室ですが、教室から帰った後もそれぞれ作品づくりを進めるのでどんな作品でもあっという間にできあがってしまいます。

img_0274

この日も、10月の町民作品展覧会に向けた作品づくりを取材するために伺いましたが、
すでに出品するための作品は完成し、次なる作品を作っているとこでした。

まずは、みんなで持ち寄った手づくりのお漬物や果物を食べてから・・・

img_0267

現在は、スーちゃんというキャラクターを描いたポーチを作成中です。

先生はもちろんのこと、みんなで教え合いながら進めていきます。
「じゃがぼこだ!」「うだでだな~」聞こえてくる言葉は双葉で溢れていて、大切な時間となっているようです。


(取材:ふたさぽ 芳門)

カテゴリー: コミュニティ | コメントをどうぞ

展覧会に向けて!ハワイアンキルト~会津パッチワーク~

9月5日(月)、会津若松仮設の集会所にてパッチワーク教室が開始されました。

日頃からパッチワークで様々な作品を作っているみなさんですが、
今日は10月に開催される町民作品展覧会に向けて、ハワイアンキルトのクッションづくりを進めていました。

14273329_1865419140353640_485872493_o

ハワイアンキルトの特徴のひとつである波紋のようなキルティング。
1センチ間隔ですべて手縫いです!

先生から指導を受けると、「あらま、大変だ!」と、時間がかかる細かい作業に驚きの声があがりました。

14273508_1865419160353638_1089336188_o

双葉町での生活の話をしたり、今の話をしたりしながら、手を進めてゆきます。
おしゃべりしながら、夢中になれるものがあること。
「震災後、会津に来てからはこの時間にとても救われた。」とのことでした。

14269556_1865419323686955_1881677415_n

丁寧に作った色とりどりな作品が展覧会に並ぶのがとても楽しみです!

(取材:ふたさぽ 芳門)

カテゴリー: コミュニティ | コメントをどうぞ

【You Tube公開情報】

8月19日配信 相馬野馬追本祭り
▶https://youtu.be/IHhe6T0tDpg

一千有余年の歴史を誇る伝統の祭り「相馬野馬追」が、今年も7月23日からの三日間、雲雀ケ原祭場を中心に繰り広げられました。
本動画は、24日の本祭りの様子です。古式ゆかしいお行列に始まり、相馬流れ山踊り、甲冑競馬、神旗争奪戦など見どころいっぱいです。
是非ご覧ください。

9月1日配信 標葉せんだん太鼓「夏」
▶https://youtu.be/kr0KyY2ANXA

今夏も、各地の盆踊りで大活躍だった標葉せんだん太鼓保存会の皆さんによる演奏。6月18日の渡邉一成選手の壮行会時に演奏された曲「夏」は、相馬野馬追で繰り広げられる合戦の熱気や、夏の夜空を彩る大輪の花火の勇壮華麗な双葉の夏をイメージして作られたものです。双葉町の夏の景色とともにお聞き下さい。

カテゴリー: コミュニティ | コメントをどうぞ

栄養満点!子どものごはん~ママサロンinなこそ~

8月25日(木)「ママサロンinなこそ」がふたぱーくで開催されました。今回は「簡単!子どものごはん・離乳食」をテーマに、実際に調理を行いその後参加者全員で試食という内容です。ボランティアの方々や福島県栄養士会のご協力を得て、0歳~3歳未満の子どもがいるママ8名を迎え調理が始まりました。

当日のメニューは子どもにも人気の「かにちらし寿司・キャベツとわかめのサラダ・モロヘイヤのスープ」の3品で、一人前386kcalと栄養満点でヘルシーな内容です。

開始直後は緊張している様子が見られましたが、そこは日々家事をこなすママたちです。調理の段取りが分かれば「これはこうなるのね。じゃあ次はこうすればいいのね」と各グループで役割分担がされ、調理は順調に進みました。ママが真剣に調理している間、子どもたちはお友達との遊びに夢中です。

あっという間に調理は終了し試食の時間となりました。試食中には栄養士の方から離乳食メニューやアレンジの仕方、月齢に合ったレシピなどのお話しもあり、耳を傾ける姿が見られました。

IMGP6121 (2)

今回は素材を生かした内容で、離乳食を卒業した子どもたちはママと一緒に試食することができ、大満足の笑顔を見せてくれました。「ママ、今日はアレ作って」のメニューに今日のメニューが加わる日は近いかもしれません。

 

(取材:ふたさぽ鈴木)

カテゴリー: コミュニティ | コメントをどうぞ

夏野菜を食べて、夏に負けない!~県北ふたば会料理教室~

8月26日(金)、サンライフ福島にて県北ふたば会の交流会が開催されました。

この日は、ボランティアにご協力いただきながら、料理教室を実施。
暑さで食欲も無くなりがちなこの時期にぴったりの、夏野菜で元気メニューです。

夏野菜は、夏バテに効果的な栄養素や水分を多く含み、高くなった体温をなだらかに下げる効果があるそうです。

IMG_1859

作ったのはこちらの三品
「お揚げと夏野菜の冷や汁」「揚げ鶏となすの南蛮漬け」「オクラなめたけやっこ」

その中でも好評だったのは「お揚げと夏野菜の冷や汁」です。

主な調味料はめんつゆくらいなのに、みょうがや大葉などの香味と焼きトマトの甘味で美味しい冷や汁になりました。
ご飯にかけて食べる宮崎県の郷土料理で、「これなら暑い日でもスルスル食べられる!」と女性陣から好評でした。
一方、男性陣はその冷や汁に使うための、きゅうりやオクラをとても真剣に千切りする姿が印象的でした。

暑い日がまだまだ続きますが、旬のものを食べて、食べて美味しく楽しく夏を乗り切りましょう!

IMG_1900

(取材:ふたさぽ 芳門)

カテゴリー: コミュニティ | コメントをどうぞ

楽しいことが盛りだくさん!~県中地区自治会盆踊り大会

8月27日(土)、郡山市の福島県農業総合センターにて、第5回県中地区自治会盆踊り大会が開催されました。

会場に集まったのは、双葉町民やその家族など約70人。はじめに自治会長の伊藤吉夫さんから「双葉町はまだまだ遠くにあるが、楽しい1日にしましょう」という開会挨拶がありました。

県中地区自治会では「みなさんに楽しんでもらえるように」と、2か月に1回行われる定例会などで、さまざまな企画を考えています。
今回の盆踊り大会では、盆踊りの他に、郡山警察署ウルトラ警察隊による『なりすまし詐欺』防止寸劇と、郡山市内のフラスクールのみなさんによるフラダンスショーが行われました。

その後は、本日のメインである盆踊りです。ピンクの法被を着て、みんなで輪になり「ふたば音頭」「双葉盆唄」を踊りました。会場いっぱいに広がるピンクの輪はとても華やかで、踊らない人も合いの手や手拍子を入れるなど、会場は大いに盛り上がりました。

「1年に1回しか踊らねえから、忘れちまってたけど曲が流れたら思い出した」
「なかなか踊る機会がないから楽しかったし、うれしかった」

踊り終わった後、このような声が聞かれました。

楽しい催し物が盛りだくさんだった今回の盆踊り大会では、会場のあちこちから笑い声が聞こえ、みんなで集まる時間を心から楽しんでいることが感じとれました。
盆踊り終了後、多くの人が口にしていた「今日も楽しかった」という言葉。この盆踊り大会も、みなさんが過ごした素敵な思い出のひとつに加わったのではないでしょうか。
(取材:ふたさぽ 小幡、山下)

カテゴリー: コミュニティ | コメントをどうぞ

盆踊りが持つ大きな力~双葉町盆踊り大会in加須

8月14日(日)、埼玉県加須市にて双葉町盆踊り大会が開催されました。
「双葉町埼玉自治会」と「はなみずき婦人学級」の共催で行われたこの盆踊り大会。実行委員会での綿密な打合せを重ね、この日を迎えました。今年からは、自前の櫓と太鼓を使うという事もあり、スタッフのみなさんも一段と気合も入っている様子です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

会場の外には、双葉町民、加須市の方によるイカ焼きやかき氷などの出店が並び、飲食スペースはたくさんの方で賑わっていました。

会場内の来賓席には、加須市内の自治会など日ごろお世話になっている方々を招き、「みんなで輪になって踊りましょー!」の掛け声を皮切りに、盆踊りが始ました。
双葉盆唄は生演奏。途中、おじいちゃん、お母さん、そのお子さんの三世代で櫓にあがりお囃子をする場面も。息の合ったお囃子に誘われて、櫓を中心に大きな輪ができました。

その輪には周辺地域のよさこいグループや踊りの会のみなさんも加わり「双葉盆唄」に続き、「ふたば音頭」と「騎西音頭」を踊ります。世代、地域を越えた交流の時間を過ごすとともに、震災から5年5カ月が経ち、震災直後からの加須市と双葉町のつながりの強さが感じられました。

「盆踊りの開催は同郷の連帯感、コミュニティ形成に大きな力となっていると感じます」
開会式で読み上げられた加須市長からのメッセージの言葉通り、盆踊りが持つ大きな力を実感できる一日となりました。今後もこのような機会を大切にしていきたいですね。
(取材:ふたさぽ秋元、山根)

カテゴリー: コミュニティ | コメントをどうぞ

家族と過ごすようなやさしい時間~県南双樹会盆踊り大会

8月20日(土)、白河市内にて県南双樹会主催の盆踊り大会が開催され、双葉町民やその家族、合わせて66名の参加者が集まりました。

開始前の会場には華やかな浴衣に身を包み、ちょっと変わった化粧をした参加者の姿。
理由を聞いてみると、
「震災のあとは、浴衣を着たくてもなかなか着れなかったから、『今年は浴衣を着ていこう!』とみんなで声を掛け合ったんだよ」
「このお化粧は双葉町の山田地区で盆踊りをやっていた時にしていた化粧なの」
と、みなさんの仲の良さに加えてユーモアな一面も感じられる言葉が聞けました。

「津波、町外避難などでお亡くなりになられた人を、踊りながら供養しましょう。みなさん、疲れが出ないよう楽しく踊ってください」と自治会長、舘林孝男さんの開会挨拶の後、さっそく盆踊りが始まりました。

はじめに、太鼓、笛、唄に合わせて、参加者みんなで輪になって「双葉盆唄」を踊りました。途中、踊り方がわからない子どもに大人が丁寧に振付を教えるなど、微笑ましい場面も見られました。

次は、お楽しみの大くじ引き大会の時間。
受付の際にあらかじめ手渡された折り鶴の番号を見ながら、みなさんドキドキの様子。
当たった瞬間、思わず「やったー!」と喜びの声をあげる参加者の姿も見られるなど、会場は大いに盛り上がりました。

 

最後は、参加者みんなで「ふたば音頭」と「双葉盆唄」を踊り、記念撮影をして盆踊り大会は終了しました。

「みんなに久しぶりに会えてよかった~!」
「たくさん踊れて楽しかった!」

終了後、参加者のみなさんは楽しそうに盆踊りを振り返っていました。みなさんの仲の良さ、絆の強さが改めて感じられた今回の盆踊り大会。大人から子どもまで一緒になって楽しむ光景は、まるで一つの家族のようでした。

DSC_3755.JPG

(取材:ふたさぽ 芳門、山下)

カテゴリー: コミュニティ | コメントをどうぞ