新春を手作りの花飾りと共に たんぽぽ学級フラワーアレンジメント教室

12月27日に郡山市にある「せんだん広場」でたんぽぽ学級のフラワーアレンジメント教室が行われ、17人が参加しました。
たんぽぽ学級にとってこのフラワーアレンジメントは年末の恒例行事になりつつあるとのことです。開始時間前に皆さんは「今年でこのフラワーアレンジメントも5回目ぐらいになるかな?」「毎年やっているけど、年に1回だからやり方忘れちゃったよ」などと楽しそうにお話しながら、どのように花を飾っていくのか各々イメージを膨らませていました。

講師は双葉町山田行政区の佐々木章さんです。

佐々木さんは震災前から双葉町でスイートピーなどの花卉の栽培やお花の教室を開いていたそうです。
たんぽぽ学級の中には当時からお世話になっていたという方もおり、そのご縁で年に1回このフラワーアレンジメント教室を開催しているということです。

この日用意されたのはお正月飾りの定番である松や千両、色とりどりの蘭など新春にふさわしい華やかな花材ばかりです。
佐々木さんが毎年違うお花を選んでくれているということもあり、今年のお花はどんなものか楽しみに参加したという方もいらっしゃいました。

佐々木さんは「松の形は1つとして同じものはありません」「茎は斜めに切ると花が動かず安定しますよ」などと説明を添えながら、ほんの10分足らずでお手本のアレンジメントを仕上げてしまいました。

吸水スポンジに花を一度刺してしまうと穴を埋めることはできないので、皆さんは一本一本花を飾る位置や角度をシミュレーションしながら丁寧にアレンジメントを完成させました。


最後に佐々木さんの最終チェックを受けて全員のアレンジメントを机に並べると一気に華やぎました。

色とりどりの個性あふれるアレンジメントを眺めながら、皆さんそれぞれのこだわりポイントを話していました。
「大きな花を中心に持ってきて小さな花は下の方に」「松は高くして立派に見せて」
など、いつまでもお話が尽きず、終始和やかな雰囲気でフラワーアレンジメント教室は終了しました。

参加者のお一人にお話を伺ったところ「これ(フラワーアレンジメント)をやるとお正月って感じがするのよね。どのアレンジメントも個性があってすごく素敵だわ」と笑顔で話してくださいました。

ご自分で生けた華やかなフラワーアレンジメント越しにきっと素敵な新年が垣間見えたのではないでしょうか。

本年も各地で皆様にお会いできることを支援員一同楽しみにしています。
2020年もどうぞよろしくお願いします。

双葉町復興支援員(ふたさぽ)上遠野

カテゴリー: コミュニティ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中