打って走って繋ぐ!第16回市町村対抗福島県軟式野球大会

福島県内57市町村の代表チーム(棄権を除く)が参加する第16回市町村対抗福島県軟式野球大会が9月10日に開幕しました。

トーナメントが組まれ、双葉町は同月17日に福島市の信夫ケ丘球場で金山町と対戦。30度を超える気温と日差しが照りつける中、双葉町後攻で試合が始まりました。

この日は若いメンバーも多く、「いいよー!」「ナイスピッチング!」などチーム全体で声を掛け合い、1回表をしっかりと0点で抑え、迎えた裏の攻撃。双葉町は、早々と3点を先取しました。

さらに2回裏、相手チームのミスにつけ込み、チャンスを確実に得点に結びつけ、打者11人を送る猛攻で大量6得点。

その後も攻撃の手を緩めず、3回裏に3点、4回裏に5点を追加します。守っては先発ピッチャーの青田選手が安定した投球を披露し、守備陣も堅い守りでピッチャーを盛り立てます。試合は17-1の5回コールドで双葉町が勝利しました。

加藤秀樹監督は「主力メンバーがいない中での戦いだったので、試合前は不安もありましたが、初戦を突破し、次に駒を進めることができて良かったです。大会前にチーム練習はできませんでしたが、選手は各自で練習をしてくれていました。次の試合は今日来られなかったメンバーも何名か参加しますので、また良い試合ができるように頑張ります」と話しました。

トーナメント2回戦の相手は白河市で、同月23日、本宮市のしらさわグリーンパーク野球場で行われました。悪天候の中での試合となり、0-7と力及ばずトーナメント敗退となってしまいましたが、今後の活躍に期待したいですね!

ぜひ皆さんも一度試合に足を運んで、双葉町チームにエールを送ってください。

双葉町復興支援員(ふたさぽ) 三瓶

カテゴリー: コミュニティ タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中